木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2686話

f:id:mokugyo-sin:20160501001425j:plain

 (老い) 師(ブッダ)は説かれた「邪悪を払い除いた人は、見たり学んだり思索したどんなことでも特に執著(しゅうじゃく)して考えることがない。かれは他のものよって清らかになろうとは望まない。かれは怠らず、また嫌がることもない。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(450) 高田風人子さん。「太陽は大日如来蝶生る」(風人子) 「大日如来」(だいにちにょらい)は、古代インド語を「遍照如来」(へんじょうにょらい)や「転輪聖王」(てんりんしょうおう)と漢訳されたことに始まります。ですから「太陽神」に通じると考えられます。我が国では、天照大神(あまてらすおおみかみ)を大日如来の「本地」(ほんち)とする考えもあるようです。ですから大日如来をご本尊とするお寺は日本に多くあります。 

        蟇鳴きて提婆の業を想ひけり 

             蟇(ひき) 提婆(だいば) 業(ごう)