木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3220話

f:id:mokugyo-sin:20171018050451j:plain

 「今日のことば」
    な、な、な、何がゆえに、何がゆえに、
    君たちはど、ど、動物を食わないと言いながら、
    ひ、ひ、羊の毛のシャッポをかぶるか。
     (宮沢賢治『銀河鉄道の夜』) 付

 「ボクの細道」好きな俳句(971) 岡本 眸さん。「雲の峰一人の家を一人発ち」(眸) 晩年の作品でしょうか? 寅さん映画の女性版を見るような気がいたします。さて「一人の家を一人発ち」ではありませんが、ボクたちも、生まれ育ち、そして住馴れたお寺を出て寓居に移るときはどこもかもが変でした。どうにか馴染むまでに少々の時間を要しました。お陰さまで間もなく満3年を迎えます。

      ピンポーンのチャイム慣れたりそぞろ寒