木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3542話

f:id:mokugyo-sin:20180906054311j:plain

  おん顔(かんばせ)の神々しさよ おん威光また限りなし
  かかるおん威光は 世の何物にかたぐうべき
  太陽や月やはた如意宝珠(にょいほうしゅ)も

(佐藤春夫『極楽から来た』)245

      戒名のからくれなゐや卒塔婆焚き

 「ボクの細道]好きな俳句(1293) 中村草田男さん。「妻抱かな春昼の砂利踏みて帰る」(草田男) ああ猛烈! 「立膝し蚊帳に入り来る女かな」( 田中冬二 )。俳句で詠んでいけないことはないようです。もっとも、短詩形の本質・韻の問題とか、伝統的な形式(五・七・五)とか、文芸作品としての品位を維持ことも必要です。