木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3535話

f:id:mokugyo-sin:20180830064847j:plain

「それで無量光仏(むりょうこうぶつ)とか無量寿仏(むりょうじゅぶつ)とか申すのがこの仏さまのほんとうのお名まえで、その無量の光と寿とで、むかしむかし大むかしの劫初(こうしょ)から今日まで生きて、また尽未来(じんみらい)の末の末まで生きつづけなさるのだ」
(佐藤春夫『極楽から来た』)238

       凍蝶の翅あはすとき海鳴す

「ボクの細道]好きな俳句(1286) 中村草田男さん。「かはせみの一句たちまち古びけり」(草田男) 翡翠(かわせみ)は、ヒスイ色して一線に視界を横切ります。その美事さは他に比べようがありません。そんなカワセミを17文字にしようと「ひねくる」ったとしても、一句は、実物にくらべどうしても色あせて感じてしまう。