木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3288話

f:id:mokugyo-sin:20171226054601j:plain

 「今日のことば」
    人体の骨格については、視覚が鋭敏な方である。
    何とも知れぬものの一段うごいた時、
    余は、女と二人、風呂場の中に在ることを覚った。
     (夏目漱石『草枕』)抄24 
 「ボクの細道」好きな俳句(1039) 星野立子さん。「父がつけしわが名立子や月を仰ぐ」(立子) 父とは、いうまでもなく大虚子のことです。ボくは、俳聖芭蕉さんは別として、正岡子規さん、大虚子さん、山口誓子さん、石田波郷さん、橋本多佳子さん、飯島晴子さん、星野立子さん、石田響子さんの俳句がとりわけ好きです。

      改札を出るや目交冬の海 

                目交(まなかひ)