木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3261話

f:id:mokugyo-sin:20171128054733j:plain

 「今日のことば」
    内共は、鼻の短くなったのが、
    恨めしくなった。
    するとある夜のことである。
    寝つこうとしても寝つかれない。
    ふと、鼻がむず痒(かゆ)いので
    手をあてると、熱気がある。
     (芥川竜之介『鼻』)抄16

 「ボクの細道」好きな俳句(1012)。 大木あまりさん。「老人のさすられどほし日向ぼこ」(あまり)。「さすられどほし」とは? 誰に? ボクなら、老人(性別に関係なく)なら御免蒙りたい(汗)。いっそ、昔にタイムスリップして、橋本多佳子さん(写真で見た)のような女流俳人と、日向(ひなた)ぼこしながら、背中を「さすり」「さすられ」ながらの俳句談義など交わせれば至福のかぎり・・ああ、夢(妄想)でした(汗)。

      あのころはみんなそろつて七五三