読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2982話

f:id:mokugyo-sin:20170221050403j:plain

 (学生ジャトゥカンニンの質問)師(ブッダ)は答えた「ジャトゥカンニンよ、諸々の欲望に対する貪(むさぼ)りを制せよ。出離(しゅっり)を安穏(あんのん)であると見て。取り上げるべきものも、捨て去るべきものも、なにものも、そなたにとって存在してはならない。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(737) 井上菜摘子さん。「狐火をみごもりてより寡黙なる」(句集『さくらがい』)「狐火」(きつねび)は、夜間に、山野(墓地など)で見る発光現象のことです。燐火(りんか)を「狐が口より火を吐く」と見立てたのでしょう。さて、「狐火をみごもりて」とは? 女性が、理由(わけ)なく身籠ったと知ったならば寡黙(かもく)とならざるを得ない? ましてや「狐火」(きつねび)を身籠ったとなれば、寡黙ではすまされない。怪奇性のある季語を巧みに使いこなした秀作です。

 「今日のことば」 
         人生はロマン。
         自分は不幸だと悩むのではなく、
            試練を与えられた物語の主人公だと思えば、
         人生をエンジョイできる。
         (美輪明宏)

         妖精と鳥とモナドと風信子 

                    風信子=ヒヤシンス