木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2638話

f:id:mokugyo-sin:20160314052938j:plain

 (欲望) 師(ブッダ)は修行僧に説かれた「それ故に、人は常によく気をつけていて、諸々の欲望を回避せよ。船のたまり水を汲み出すように、それらの欲望を捨て去って、激しい流れを渡り、彼岸に到達せよ。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(402) 能村登四郎さん。「改札の切符とび出す春の暮」(登四郎) 登四郎さんの活躍された時代には自動券売機とか自動改札機は無いはず? お金と引き換えに、券売の窓口から乗車券が差し出された瞬間をとらえた作品でしょう。「春の暮」とありますから、家路を急ぐための乗車券かも知れません。俳句は、具体的に映像が浮かぶことが必要と教えられました。しかしそれがなかなかできません。

        春雷やところで俺のこのごろは