木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3280話

f:id:mokugyo-sin:20171218055621j:plain

 「今日のことば」
    「さ、お召しなさい。」と後ろに廻って
    ふはりと余の背中へ柔かい着物をかけた。
    「ありがとう」
    向き直る、途端、女は二歩退いた。
     (夏目漱石『草枕』)抄16

 「ボクの細道」好きな俳句(1031) 山西雅子さん。「木の股を越ゆる木の蔓春寒し」(雅子) 「木の股」とは! 視点も、発想も・・こうした俳句を作るには頭脳をいつも「やわらか」にしておくる必要があります。くらべて、ボクの頭脳は干からびた井戸のポンプのようにサビついて固い。わかっていますがなかなか治りません。

      人間に読点を打ち年の暮  

               人間(ひとあい)

木魚歳時記 第3279話

f:id:mokugyo-sin:20171217041106j:plain

 「今日のことば」
    「御早う。昨夜はよく寝られましたか」
    戸をあけるのと、この言葉とは、ほとんど同時にきた。
    さっそくの返事も出るいとまさえない。
     (夏目漱石『草枕』)抄15

 「ボクの細道」好きな俳句(1030) 山西雅子さん。「秋澄むと子犬を膝に乗せにけり」(雅子) 「秋冷」(しゅうれい)の季語があります。やや肌寒く感じられる頃に、小犬など膝にのせて遊ばせる至福のときが伝わってきます。ところで、どうしためぐりあわせか?  ボクたち夫婦には、孫を抱いて膝で遊ばせる機会は少なかったようです。

      風花のちらりはらりと海尻町

木魚歳時記 第3278話

f:id:mokugyo-sin:20171216045556j:plain

 「今日のことば」
    湯壺の中で顔を浮かしていた。
    昨夜はどうしてあんな心地になったのであろう。
    濡れたまま上って、また驚かされた。 
     (夏目漱石『草枕』)抄14

 「ボクの細道」好きな俳句(1029) 山西雅子さん。「大空にしら梅をはりつけてゆく」(雅子) 梅のあざやかに花開いてゆくようすを、まるで、ちぎり絵をつくるように「はりつけてゆく」。冬晴れの青空があるからなおのことです。ボクの相棒は、ボケの花でも、サギ草でも、なんでも「ちぎり絵」にしてしまいます(汗)。

      あかつきのJアラート氷柱落つ

木魚歳時記 第3277話

f:id:mokugyo-sin:20171215052530j:plain

 「今日のことば」
    唐紙がすうと開いた。
    女の影がふうと現れた。
    色の白い 髪の濃い、襟足の長い女である。
    唐紙が閉まる。
    余が眠りはしだいに濃(こま)やかとなる。
     (夏目漱石『草枕』)抄13

 「ボクの細道」好きな俳句(1028) 山西雅子さん。「胴に鰭寄せて寒鯉動かざる」(雅子) 鰭(ひれ)をぴたりと閉じて、半分は泥に埋もれて動かない真鯉の姿が浮かびます。どうして真鯉なのか? それは、錦鯉では極寒の厳しさが伝わらないからです。創作には時としてそうしたウソ(虚構)も許される? 

       凍鶴の日向の方へ歩きだす

木魚歳時記 第3276話

f:id:mokugyo-sin:20171214044600j:plain

 「今日のことば」
    「正一位 女に化けて 朧月」
    「海棠の 露をふるふや 物狂」
    「春の夜の 雲に濡らすや 洗ひ髪」
    「うた折々 月下の春を おちこちす」
    「思ひ切って 更け行く春の 独りかな」
    (夏目漱石『草枕』)抄12

 「ボクの細道」好きな俳句(1027) 山西雅子さん。「初雪や父に計算尺と灯と」(雅子) 「計算尺」とは? 定規のことでしょうか? (何かの研究に没頭している)父に、初雪の積もる様子を知らせたくて・・そんな娘さん優しさが感じられる作品です。句意は違いますが、ふと「いくたびも 雪の深さを 尋ねけり」(子規)を思い出しました。

      山端の年満月や鐘凍る 

              年満月(としみつづき)

木魚歳時記 第3275話

f:id:mokugyo-sin:20171213054527j:plain

 「今日のことば」
    障子をあけ、あの声はと、耳の走る見当を
    見破ると・・ わがいる部屋の棟の角が、すらりと動く、
    背の高い女の姿を、すぐに遮ってしまう。
     (夏目漱石『草枕』)抄11

 「ボクの細道」好きな俳句(1026) 山西雅子さん。「一筋の髪が手に落ち春隣」(雅子) こうした微妙な感覚はボクにはわかりません。しかし、女性が髪の毛に特別の思いを託される気持ちは想像できます。それはともかく、抜け落ちて手元に残る髪の毛と、季語「春隣」が響きあって、作者の心に錯綜するいろんな思いが想像できるようで楽しい作品です。

      山茶花の心恋ごとく咲にけり 

                  心恋(うらごふ)

木魚歳時記 第3275話

f:id:mokugyo-sin:20171212050422j:plain

 「今日のことば」
    障子をあけ、あの声はと、耳の走る見当を
    見破ると・・ わがいる部屋の棟の角が、すらりと動く、
    背の高い女の姿を、すぐに遮ってしまう。
     (夏目漱石『草枕』)抄11

 「ボクの細道」好きな俳句(1026) 山西雅子さん。「一筋の髪が手に落ち春隣」(雅子) こうした微妙な感覚はボクにはわかりません。しかし、女性が髪の毛に特別の思いを託される気持ちは想像できます。それはともかく、抜け落ちて手元に残る髪の毛と、季語「春隣」が響きあって、作者の心に錯綜するいろんな思いが想像できるようで楽しい作品です。

      心恋を伏して切なし笹鳴きす 

                   心恋(うらこひ)