木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3212話

f:id:mokugyo-sin:20171010060024j:plain

 「今日のことば」
    野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
    小サナ萱ブキノ
    小屋ニヰテ
     (宮沢賢治「雨ニモマケズ」)5

 「ボクの細道」好きな俳句(962) 岡本 眸さん。「なんとなく松過ぎ福神漬甘き」(眸) 松の内の七日も過ぎれば、福神漬(ふくしんずけ)で「お茶漬けサラサラ」が食べたくなるものです。眸さんでなくともこうしたことは同じです。とりわけ高齢者ともなれば、お正月でなくとも「日常茶飯事」があたりまえなのです。「おとうさん、晩、何(おかず)にしましょうか?」。ボクがの返事もいつもおなじです。

       あのころの初心にもどり法師蝉