木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3060話

f:id:mokugyo-sin:20170510063958j:plain

 こころはふるい立ち、思いつつましく、行いは清く、気をつけて行動し、みずから制し、法(のり)にしたがって生き、つとめ励む人は、名声が高まる。(ダンマパダ)

「ボクの細道]好きな俳句(816) 正木ゆう子さん。「流水にたましひ蒼むまで乗りぬ」(句集『夏至』) 心象作品が続きます。さきに、「やがてわが真中を通る雪解川」(ゆう子)をご紹介しました。いずれも、作者ご自身の心境を詠われた作品と読みました。しかし、掲句には、「雪解川」の作品の激しさよりも、やや達観した清廉さが感じられます。作者の年齢(作品の作られた年代)と関係があるのでしょうか? 

 「今日のことば」
         生きづまりが多いのは
         自分が裸になれないからだ
         (石川 洋)

        女流将士里見四段ハンカチの花