木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2898話

f:id:mokugyo-sin:20161129055806j:plain

 (序)尊(とおと)き師(ブッダ)はそのとき僧衆に敬(うやま)われ、獅子が林の中で吼(ほ)えるように比丘(びく)らに法を説いておられた。(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(657) 飴山 實さん。「白萩の走りの花の五六粒」(實) 「走りの花」とは、ちらほら咲きの萩のことでしょうか? それでなくとも萩の花は小さくて可憐です。女流の歌人・俳人たちがこぞって萩を詠われるのはわかります。しかし、ボクなど、気が魅かれるのは、せいぜい「乱れ萩」「こぼれ萩」くらいです。やはり盛りをすぎた「カンナの赤」の凄さに魅せられてしまいます。

 「今日のことば」 
         本気なら
         何をしたって
            立派だからね。
         (里見弴『多情仏心』)

         冬の夜のそこからさきはわからない