読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2795話

f:id:mokugyo-sin:20160818025825j:plain

 (ブログ筆者より)

以上で(並ぶ応答―長編)の項を終わります。『スッタニパータ』次は、(迅速)の項に移ります。この項も『義足経』(巻下)にあり、最初に「問うていわく」とあるのみで、誰が誰に問うたか? それは明らかでありません。由って、或るバラモン(修行者)の問いかけにブッダが答えられた、とそのように考えて読んでゆきましょう。

 「ボクの細道]好きな俳句(555) 角川源義さん。「盆三日あまり短かし帰る刻」(源義) 盆休みで帰省した三日間があっという間にすんでしまった。「帰る刻(とき)」になって、各人の心によぎるそれぞれの「思い」が想像できて楽しい作品です。京都で生まれ、育ち、死ぬ(おそらく)であろうボクには、帰省の体験も、思いも、ノスタルジアは有りません。それはそれで幸せなような! 

        手花火のこらへて落つる大音響