木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3658話

f:id:mokugyo-sin:20190101054523j:plain

 師の指導によって、一時代前を風靡(ふうび)した名著『往生要集』(おうじょうようしゅう)に注目しはじめ、これに読みふけって、それが『摩訶止観』(まかしかん)から出たものが多いと知ってはまた『止観』を思い出してみる。
(佐藤春夫『極楽から来た』)359

        元旦や死ぬ気まんまん御尊体

 「ボクの細道]好きな俳句(1408) 正岡子規さん。「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」(子規) 小学校の教科書にでも載りそうなくらい周知の俳句です。正岡子規さん、高浜虚子さん、この二大俳人なかりせば、今日の俳句界はどのようになっていたか?  さて、ボクは、最近、近くの図書館(分館)に通います。そこで『死ぬ気まんまん』(佐野洋子)と出会いました。お正月早々「死ぬ」とは! それと「パクリ」はいけません! 嗚呼。