木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3654話

f:id:mokugyo-sin:20181228064644j:plain

「何をこの青二歳、小生意気な」と、怒り出す。
「お経文をとくと御覧あらせよ」と、いい捨てて法然房が引きさがる。
また円頓戒(えんどんかい)の戒体(かいたい)について師匠は心を戒体とするという通説をいうのに対して、弟子は、
(佐藤春夫『極楽から来た』)355

      比叡下し市営地下鉄北出口 

 「ボクの細道]好きな俳句(1404) 上田五千石さん。「緑蔭に低唱「リンデン・バウム」と云ふ」(五千石) 「リンデン・バウム」は有名な歌唱曲の歌詞でしょうか。f深いミドリの森の中で、「リンデン・バウム」の唄い声が聞こえきます、「低唱」とありますからソロで歌う声でしょうか? 心の安らぎが感じられて好きな作品です。