木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3537話

f:id:mokugyo-sin:20180901063738j:plain

「そのアミダ仏さまも、もとはやはり普通の人間だったのですか」
「そうだ。普通の人間だったからこそ人間の苦しさ、悲しさもご存じでそれを救おうとなされたのだ。いや普通の人間といっても、」
(佐藤春夫『極楽から来た』)240

     「みなと屋」の幽霊飴や風花す

 「ボクの細道]好きな俳句(1288) 中村草田男さん。「起し絵の男をころす女かな」(草田男) こんな刺激的な俳句を作る有名俳人がおられることを知り、まず、一安心しました。「起し絵」とは、切り絵で作った、立体図(イラスト)、玩具などのようなものでしょうか? 現在の「3D画像」の世界ようなものです。それはともかく「男をころす女かな」とは! 嗚呼。ボクの大好きな世界です。