木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3532話

f:id:mokugyo-sin:20180827054028j:plain

「ほう、これはまたすばらしくゆゆしい発願(ほつがん)だの。少年の志は大きく望みは高いのがよい。その志を忘れずに努めなされよ」
(佐藤春夫『極楽から来た』)235

      稀覯本ひらけば青い咳が出る  稀覯本(きこうほん)

 「ボクの細道]好きな俳句(1283) 中村草田男さん。「夜の蟻迷へるものは弧を描く」(草田男) 蟻が、「蟻の列」を離れ、ひとり、くるくる弧を描くことはあるものです。つまり、悩める蟻(?)というわけでしょうか。19歳で出家(しゅっけ)を決意されたシッダルタ王子(後のブッダ)のことをふと思い浮かべました。