木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3479話

f:id:mokugyo-sin:20180705054835j:plain

 これらの疑問はすべて、いかに聡明であったとはいえ、十一や十二の童子に解答の得られるものではなく、みなその生涯をかけて解決すべきものの萌芽なのであった。
 寒さは身にしみわたるし、さびしさは山犬の牙のように心をかみ、童子の眼には涙がにじむ。
(佐藤春夫『極楽から来た』)181

       浮寝鳥夢のつづきはつぎの世で

 「ボクの細道]好きな俳句(1229) 石田波郷さん。「六月の女すわれる荒筵」(波郷) アワビとか、サザエを獲る海女さんは荒莚(あらむしろ)に据えたコンロなどで暖を取ります。また、海女さん潜っている間坐っていたところには、荒莚だけが敷かれて残っている。その景が見えきて素敵です。