木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3222話

f:id:mokugyo-sin:20171020045217j:plain

 今日のことば

   蓮の花は、みんな玉のように
   まっ白で、そのまん中にある
   金の蕊(ずい)からは、
   なんとも云えないよい匂いが、
   極楽はちょうど朝なので
   ございましょう。
    (芥川竜之介『蜘蛛の糸』)抄2

 「ボクの細道」好きな俳句(973) 八田木枯さん。「麦藁帽妙にふかくて寂しいぞ」(木枯) 自身の麦藁帽子のことでしょう。それとも父親とか? ボクは前者だと思います。ぎゅつと麦藁帽子が深く入るのは痩せた? それはともかく、ボクは、最近、しきりに昔のことを夢に見ます。

       一日をたゞなんとなく暮の秋