読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3037話

f:id:mokugyo-sin:20170417054227j:plain 

 真理のことば
  第1章 ひと組ずつ
 ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。もしも汚れた心で話したり行ったりするならば、苦しみはその人につき従う。車をひく(牛)の足跡に車輪がついて行くように。(ダンマパダ)

 「ボクの細道]好きな俳句(793) 正木ゆう子さん。「水の地球すこしはなれて春の月」(句集『静かな水』) 作者の第3句集となる『静かな水』は、平成6年(43歳)から平成14年(51歳)まで、作者爛熟期の269句が収録されています。掲句はその巻頭句です。作者の代表句でもあります。正木さんの作品には、広大な宇宙をテーマとしたスケールの大きな作品がいくつかあります。なお、作者は、この句集『静かな水』により、第53回「芸術選奨文部大臣賞」を受賞されました。

 「今日のことば」
         あなたの人生を
         かわりに生きてくれる人はいないわ。
         (ドリー・パートン)

          花筏ながれのままに流れけり 

                      花筏(はないかだ)