木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2994話

f:id:mokugyo-sin:20170305070606j:plain

 (学生ウダヤの質問)ウダヤがたずねた。「どのようによく気をつけて行っている人の識別作用が、止滅(しめつ)するのですか? それをおたずねするためにわたくしはやってきたのです。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(749) 草間時彦さん。「味噌汁におとすいやしさ寒

卵」(時彦)  こうした(いやしさ)はボクも日常茶飯事です(汗)。(味も見ないで)塩鮭にお醤油をかけたり! カレーライスに生卵を二つも入れたり! 鰻丼(山椒添え)に、さらに七味唐辛子をふったり! そのつど大黒さんに睨まれています。そうです、ボクは、「蛇足」(だそく)の達人、下司(げす)のきわみなのです(汗)。

 「今日のことば」
         中心はいつも 一念不動 
         天地をつらぬけ
         (石川 洋)

         山猫と又三郎の卒業式