木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2729話

f:id:mokugyo-sin:20160613054647j:plain

 (死ぬよりも前に) 師(ブッダ)は答えた。「貪欲(とんよく)などから遠ざかり、偽ることなく、貪(むさぼ)り求めることもなく、物惜しみせず、傲慢(ごうまん)にならず、嫌われず、両舌(ウソ)を事としない。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(493) 飴山 實さん。「金魚屋のとゞまるところ濡れにけり」(實) 「金魚~ェ、金魚」。独特の売り声と、金魚を入れた大きな容器を天秤(てんびん)で売り歩いた「金魚屋」は見かけなくなりました。ですから「金魚売」の言葉も死語となりつつあります。昔、金魚屋が呼び止められ、商いをしたその跡は地面が濡れていた・・これが、揚句の意となるのでしょう。

        この匂ひ誰か杏を焼いてゐる 

                    杏(あんず)