木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2621話

f:id:mokugyo-sin:20160226060056j:plain

 (二種の観察) 師(ブッダ)は修行僧に説かれた「しかし物質的領域を熟知し、非物質的領域に安住し、消滅において解脱(げだつ)する人々は、死を捨て去ったのである。」(スッタニパータ)

 「ボクの細道]好きな俳句(385) 中原道夫さん。「足袋中に指は岐れて化野へ」(道夫) この俳人の「ことば」を操る力量については抜群です。さて、揚句について。足袋(たび)の中で、親指とそれ以外の指は二つのグループに分かれます。しかし、親指は、いずれ、小指たちのグループと分かれて永久の旅路に立つことになります。ここまではフツーの観察です。しかし、そこからが非凡です。親指は化野(あだしの)へと旅立つというのです。この「化野」(葬送の地)の発想と措辞が非凡なのです。 

        これやこのいとありがたや涅槃絵図 

                        涅槃絵図(ねはんえず)