木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2525話

f:id:mokugyo-sin:20151122053025j:plain

 (コーカーリヤ) 師(ブッダ)は諸々の修行者に告げられた「悪口を言いまた悪意を起こして聖者をそしる者は、十万と三十六のニラップダ(巨大な年数のあいだ)の、また五つのアップダ(巨大な年数のあいだ)の地獄に赴(おもむ)く。」(スッタニパータ) 注記:ニラップダ、アップダは、地獄の期間を示す。

 [ボクの細道]好きな俳句(293) 宮崎至夏子さん。「曼珠沙華うしろ姿の人さらひ」(至夏子) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ)は華麗です(そう思います)。さて、人間でも、華麗にふるまい、人望があり、信頼できると信じていた人物が、実は、怖い怖いお人(人さらい)であった。そんなお話が、昔の物語にあったように思います。ところで、華麗に見える曼珠沙華も。実に、枯れると「うらびれて」見えることがあります。これがあの華麗な曼珠沙華かと驚くほどです。そうした「ものごと」の真実の姿(表裏)を描いて見事な作品です。

         綿虫はいつも畑の道に出る