木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2504話

f:id:mokugyo-sin:20151031050055j:plain

 (ヴァーセッタ) 師(ブッダ)は答えた「この世の欲望を断ち切り、出家して遍歴し、欲望の生活の尽きた人、かれをわたくしはバラモンと呼ぶ。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(272) 森 壽賀子さん。「月光とまぐはう波の音ばかり」(壽賀子) ビッグバーン。つまり、天と地が「まぐはい」宇宙が誕生した。月と海(波頭)が「まぐはい」夜(よる)が誕生した。そこには月光とまぐわう(目交)波のさざめきばかり。そして「どこもうごかない」暗黒が広がります。さて余談となりますが、ブログ筆者は、最近、園山俊二さんのマンガ『始め人間ギャートルズ』(電子版)を読み始めました。おもしろい。  

         妻とゐてどこもうごかぬ秋の夜