木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2327話

f:id:mokugyo-sin:20150507032920j:plain

 (バーラドヴァージャ) 釈尊は答えた「生まれを問うことなかれ。行いを問え。火は実に薪(まき)から生じる。賤(いや)しい家に生まれた人でも、聖者として道心堅固であり、恥を知って慎(つつし)むならば、高貴の人となる。」(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(98) 松本恭子さん。「大烏賊のどこを押しても涙かな」(恭子) 釣り上げられた烏賊(いか)は不用意に触れるとイカ墨を噴出します。これは、烏賊(いか)の持つある種の防衛反応なのでしょう。噴出する墨を見て、作者は、それを「涙」と受けとめたところに<詩>が生まれたのです。

         川の鵜に魚とらせてなむあみだ