木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第2276話

f:id:mokugyo-sin:20150317045212j:plain

 (出家)そこで、派遣された王の使者どもは、かれ(ブッダ)のあとを追って行った。「この修行者はどこへ行くのだろう。かれはどこに住んでいるのだろう」と。(スッタニパータ)

 [ボクの細道]好きな俳句(47) 阿波野青畝さん。「水ゆれて鳳凰堂へ蛇の首」(青畝) 宇治平等院の鳳凰堂(ほうおうどう)は、お浄土を再現したものです。本堂に阿弥陀如来像(あみだにょらいぞう)が安置され、その左右に回廊のつらなる風景は、鳳凰が翼をひろげたようで何とも美しい。その鳳凰堂を映した手前の池を、鳳凰堂の影(お浄土)に向け蛇が泳いでゆきます。見つかるとすぐ棒でぶたれる蛇も、お浄土に生まれ変わりたい気持ちに変わりはないのです。

          竜天に登るがごとく爆買す