木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1531話

f:id:mokugyo-sin:20140110094947j:plain

蛇の生殺し

 蛇を生殺(なまごろし)、すなわち、生かしも殺しもせずにしておくと、よくないことが起こるといわれます。なぜでしようか。蛇にかぎらず、生き物が半生半死のまま放置されては困ります。昔から、蛇は、人間に痛めつけられてきた代表格だからでしょうか? 転じて、他人を痛めつけ、なんのフォローアップもなしに放置しておくと、後で、恨みを受けて後難を招くこともあるようです。ものごとには、辛くとも決着をつけるべき時機があるわけです。さて「窓が小さければ小さいほど、ほとばし出る力は大きい」。とありました。

      堅物をぐらりその気に四月馬鹿