木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第1400話

f:id:mokugyo-sin:20140107143029j:plain

お山の杉の子

むかしむかし そのむかし 椎の木林のすぐそばに 小さなお山が あったとさ あったとさ まるまる坊主の 禿山は いつでもみんなの 笑いもの 「これこれ杉の子 起きなさい」 お日さまニコニコ 声かけた 声かけた

 吉田テフ子作詞・サトウハチロー補作。昭和19年、日本少国民文化協会の募集した「少国民歌」に入選した作品だそうです。敗戦直前の戦意高揚の意味もあったのでしょうが・・そのことを感じさせない物語性の楽しさが、戦後も歌い継がれてきた理由なのでしょう。さて「俳句には素人も玄人もなく一つだということです。その時の一句の出来不出来で作品の良し悪しは決まるのです」。とありました。

       碁敵を風上に置き夕端居