木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

2018-04-05から1日間の記事一覧

木魚歳時記 第3388話

万一刀傷がもとで時国が死ねば押領使殺しである。しかも下手人(げしゅにん)の証拠たる額の矢傷はいいのがれのすべもない。小矢児の評判が立つにつれて定明は気が気ではない。(佐藤春夫『極楽から来た』)92 はんざきの怪魚食らひて泡一つ 「ボクの細道]…