木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3739話 

f:id:mokugyo-sin:20190322050300j:plain

 呪詛事件よりも差し迫った問題は、皇子もなく夭折(ようせつ)された近衛天皇の後継者の決定であった。皇位継承の候補者なら同じく美福門院の姫宮八条院暉子(しょうし)を一時女帝にでも、さては仁和寺の若宮すなわち第五皇子覚性法新王を還俗させてなど、本院にも案はある。
(佐藤春夫『極楽から来た』)433

        春寒し雲がちぎれて飛んで行く

 「ボクの細道]好きな俳句(1489) 安住 敦さん。「しぐるゝや駅に西口東口」(敦) 見知らぬ土地の、初めて来た駅に降り立ちました。さて、目的の場所に行くには、西口に出た方がいいのか、東口がいいのか? 折から外はしぐれが烈しいようです。さて、ラッコは愛用の石を用いる。ラッコは北太平洋の沿岸に生息します。また、たいての動物園で見かけますから、腹の上に好物(貝など)を載せて、石で割る行動は見たことがあります。その石はどれでもいいわけでなく・・お気に入りの「石」が決めてあるそうです。ボクも、トイレの後、三戸さまの御座所をきれいにする「秘密兵器」を備えています(笑)。