木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3646話

f:id:mokugyo-sin:20181220070343j:plain

「最初からその志のあったそなただ。それに『止観』にも深山幽谷を第一の好処として、寺はもと衆人の乱(さわ)がしい場所として好処の下としている。そなたの志はよろしい」
(佐藤春夫『極楽から来た』)347

      獅子柚や無上甚深微妙法  微妙法(みみようのほう)

 「ボクの細道]好きな俳句(1397) 安住 敦さん。「秋かぜの妻の木馬と子の木馬 」(敦) 解説するまでもなく、母子といえばこのようなものです。ただし、父子となると・・某氏の如く「あかん男」はたくさん居りそうです。さて、上掲の写真はについて。京都新聞に「過去100百年で最も素晴らしいランの開花」と報道された。そこで府立植物園へ撮りに出かけました。上掲の写真が「フラグミディウム・コバチー」というランです。