木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3590話

f:id:mokugyo-sin:20181024063828j:plain

「これはこれは、小さなお上人さま。お共もなく、お山へお上がりですか」
「西塔の北谷へ行く者だ」
「北谷はどちらへ」
「北谷の持法房源光さまをたよって行きます。行けばすぐわかりましょうか」
(佐藤春夫『極楽から来た』)292

      夕焼の中に父母おはしけり

 「ボクの細道]好きな俳句(1340) 橋本多佳子さん。「爛々とをとめ樹上に枇杷すゝる」(多佳子) 乙女(おとめ)が木登りするのは変ではありませんが、やりお転婆の部類に入るのでしょう。どうかすると男の子を「泣かす」くらいの気性のつよい女の子が一流の昇りつめるケースはよくあることです。そんな強い女に魅かれる某氏Sはひょっとしたら変態種!