木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3552話

f:id:mokugyo-sin:20180916070643j:plain

    第五章 文殊像一体

(一)観覚は途(みち)すがら、ところどころで梅が香のただようのを聞いたが、今、倭文(しどり)の家に来てみると、その庭の見なれた老木には南枝がもう七分咲きであった。
(佐藤春夫『極楽から来た』)255

     六道の辻で飴売る傀儡師  傀儡師(かいらいし)

 「ボクの細道]好きな俳句(1302)  柿本多映さん。「夏の昼しばらく口を開けてゐる」(多映) わかります。炎天の昼さがりともなれば、暑くて、体がだるくて、何をする気にもならない。とりわけ今年の夏は異常でした。ブログ筆者も、老衰といわれようと、なんといわれようと、ポカンと口をあけて昼寝をすることが多くありました。