木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3546話

f:id:mokugyo-sin:20180910052432j:plain

  功徳(くどく)は広大  智慧は甚深
  光明のおん遺徳や
  一切世界はために振動せん

(佐藤春夫『極楽から来た』)249

      死ぬときは丸裸なり草の花

 「ボクの細道]好きな俳句(1296) 柿本多映さん。「てふてふやほとけが山を降りてくる」(多映) ああ、こんな俳句をボクも作りたい! 仏(ほとけ)が山を下りてくる。とは、仏(ほとけが)わたしたちを救うために、極楽からこの世に来られることです。それは「てふてふ」(蝶々)が、ふわふわと飛んでくようなものです。つまり「自然体」(じねんたい)なのです。法然上人は、43歳で比叡山(延暦寺)を下られ、庶民の仏教である浄土宗を開かれました。