木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3540話

f:id:mokugyo-sin:20180904064137j:plain

「過去仏は錠光如来(じょうこうにょらい)以来、五十三のみ仏たちを数えることができるが、五十四番目に出現した世自在王仏の時、高才勇哲(こうさいゆうてつ)、世に超異(ちょうい)した一人の王があって、」
(佐藤春夫『極楽から来た』)243

      鶏小屋は藁の匂ひや咳をする

 「ボクの細道]好きな俳句(1291) 中村草田男さん。「たつぷりとたゆたふ蚊帳の中たるみ」(草田男) ふむ。ボクぐらいの年齢層の読者ならよくご存じです。蚊帳(かや)は四方から吊り紐で支え,裾からの蚊の侵入を防ぐために、裾が重なるようゆったりと吊るされます。ですから掲句のような蚊帳の風情が生まれます。蚊帳についての思い出はいろいろと懐かしい。「やはらかき母にぶつかる蚊帳の中 」(今井 聖)