木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3521話

f:id:mokugyo-sin:20180816064206j:plain

 これらの鳥は前世の罪によって畜生に生まれ変わったのではない。もともとこの国には罪悪などというものは無いからその報いとてあろう道理もない。ただアミダブツがこの国の人々に正しい心を得させる手だてとして歌を愛する者を神通力(じんつうりき)によって鳥の形にしただけである。
(佐藤春夫『極楽から来た』)224

      山姥の来て陶枕を出せといふ  陶枕(とうちん)

 「ボクの細道]好きな俳句(1272) 金子兜太さん。「三月十日も十一日も鳥帰る」(兜太) 一日遅れで渡り鳥は目的地に渡ることはありそうです。それぞれの群れの、それぞれの体に込まれた「帰巣本能」のようなものがそうさせるのでしょう。その違いにより、またそれぞれの異なる運命が待ちうけているのです。地球上の万物の「営み」は不思議にできているとしかいいようがありません。