木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3477話

f:id:mokugyo-sin:20180703055805j:plain

 あの時、父に向って刀をふり上げて立っていたあの敵の顔つき、それが小矢を射かけた自分の心、やさしい父のやさしい遺言。お互いに殺し合わなければ生きられないまでに追いつめられた人間同士の生活。
(佐藤春夫『極楽から来た』)179

       冬蝶につきまとはれて楽天家

 「ボクの細道]好きな俳句(1227) 石田波郷さん。「万愚節ともいふ父の忌なりき」(波郷) 「万愚節」は、エープリル-フール(春季)のことで、「四月馬鹿」の傍題ともなります。波郷さんのお父さんは、この日に亡くなりになられたのでしょうか? ボクは昭和12年Ⅰ月2日(1212)に生まれました。法然上人さまは、1212年(西暦)にご遷化(せんげ)になられました。