木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3474話

f:id:mokugyo-sin:20180630042947j:plain

 枕する首すじから肩にかけて、またふとんのなじまない足の寒さに、童子さえもすぐに寝つかれない夜が多かった。心の野を横ぎる雲の影のようなものが、夜な夜な睡(ねむ)りにくい童子の小さな心を苦しめた。
(佐藤春夫『極楽から来た』)176

       仏塔を鋭角に切る冬の蝶

 「ボクの細道]好きな俳句(1224) 石田波郷さん。「うそ寒きラヂオや麺麭を焦がしけり」(波郷) 昔はラジオでした。その放送に気をとられ、火をいれていた麺麭(パン)を焦がしてしまったというのです。「うそ寒」は晩秋の季語(薄寒きからきた)ですが、その心理的な語感から、作者の無念さが伝わって来ます。