木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3419話

f:id:mokugyo-sin:20180506060309j:plain

「いやすべての童子はみな極楽から来たものと観じている。それが娑婆(しゃば)に住むうち娑婆気に染みてみな極楽のおもかげがうすれてしまうのである。わしはそなただけはいつまでも極楽から来たままの人でいてほしいとの願いから、そなたをここへつれて来た」
(佐藤春夫『極楽から来た』)122

       雪構どこもうごかぬ永平寺

 「ボクの細道]好きな俳句(1169) 小西昭夫さん。「夏来る農家の次男たるぼくに」(昭夫) 比べるわけではありませんが、寺に、六男として生まれたボクが、その寺の後継者になるとは・・不思議なご縁という外ありません。そんなボクが隠居させていただいたのご、法然上人が学ばれた叡山のすぐ麓です。不思議なご縁という外ありません。