木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3386話

f:id:mokugyo-sin:20180403064111j:plain

「定明の一味が襲って来る? なんのそんな心配がいりますか。それどころか、やつは押領使殺しのおたずね者でびくびくものでしようよ」
(佐藤春夫『極楽から来た』)90

     どこの子か両手に蝉をにぎりしめ

「ボクの細道]好きな俳句(1135) 田中裕明さん。「大学も葵祭のきのふけふ」(裕明) 田中裕明さんの感性は摂津幸彦さんとはまた違います。しかし、作品を読む者の心をとらえて離さない魅力は似ています。二人が早世(50歳前後?)されたということにおいても不思議な相関を感じます。