木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3281話

f:id:mokugyo-sin:20171219061158j:plain

 「今日のことば」
    「部屋はお掃除がしてあります。いずれのちほど・・」
    ひらりと腰をひねって駆けて行った。
    銀杏返し結っている。
    白い襟がたぼの下から見える。
     (夏目漱石『草枕』)抄17

 「ボクの細道」好きな俳句(1032) 山西雅子さん。「桃の木の脂すきとほる帰省かな」(雅子) 「帰省」(夏季)が季語となります。「桃の木の脂」がどのようなものか? 正確にはわかりませんが? 何となく想像はできます。それはともかく、「帰省」(きせい)の理由が、何か事情が出来ての「帰省」だから・・作者は「脂すきとほる」の措辞を置かれたのでしょう(そう思います)。

      冬空に演歌の星の流れけり