木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3160話

f:id:mokugyo-sin:20170818064055j:plain

 「今日のことば」
    狸はわざと顔を洗はなかったのだ。(中略)
    (狸は)すっかりお腹が空いて一本の松の木に
    よりかかって目をつぶつてゐました。
    すると兎がやって参いりました。
     (宮沢賢治「顔を洗はない狸」)1

 「ボクの細道」好きな俳句(909) 藤田湘子さん。「蝿叩此処になければ何処にもなし」(湘子) 蠅が減りました。蠅を見かけることなく夏が過ぎることもありそうです。ですから「蠅叩き」を知らない世代があっても不思議ではありません。くらべて「ごきぶり」は絶滅とはゆかないようです。ごきぶりを見つけたとき、打つか追っ払うか? アンケート調査では64パーセントが「打つ」と答えたそうです。

       ナムナムと唱へごきぶり打ちにけり