木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3147話

f:id:mokugyo-sin:20170805053318j:plain

 「今日のことば」
     (四郎はそこで)
    狐こんこん白狐、
    お嫁ほしけりゃ、
    とってやろよ。
     (宮沢賢治「雪渡り」)5

 「ボクの細道」好きな俳句(896) 安住 敦さん。「でで虫や父の記憶はみな貧し」(敦) そのとおりです。厳しい、怖い、ビリビリする。それ以外に、父について何か思い出そうとしてもありません。母親はこの逆です。これは、ボクにかぎること? かも知れません。しかし、父の亡くなった年齢となりつくずく思います。苦しい状況の中で大学まで行かせてくれた。などなど、父親に感謝しています。ありがとう「お父さん」。

       うしろより液化はじまるなめくぢり