木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3138話

f:id:mokugyo-sin:20170727072352j:plain

 「今日のことば」
      (ふくろふの大将が)
    からすかんざゑもんは、
    くろいあたまをくうらりくらり、
    とんびとうざゑもんは
    あぶら一升でとうろりとろり、
     (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)16

 「ボクの細道]好きな俳句(887) 西田弧影さん。「一燈を点し一堂さみだるる」(弧影) 昼日中から薄暗い(おそらく地蔵尊を祀るお堂でしょうか)お堂に、灯明(一灯)をお供えして祈願する人影があります。何事か願い事があり、お堂に参ることを日課とされているのでしょう。おりから、外は、五月雨(さみだれ)の足音がひときわ激しさを増してきたようです。

       ダメよダメぜつたいにだめ蟇 

                  蟇(ひきがえる)