木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3126話

f:id:mokugyo-sin:20170715050714j:plain

 「今日のことば」
     (つづき)
    五とうしやうは とたんのメタル
    六とうしやうは にせがねメタル
    七とうしやうは なまりのメタル
    八とうしやうは ぶりきのメタル
     (宮沢賢治「かしわばやしの夜」)4

 「ボクの細道]好きな俳句(875) 今瀬剛一さん。「鶏小屋に鶏ををさめて旱星」(剛一) 真夏の日暮れは遅い。農家の仕事は、夜明けに始まり暗くなるまで続くのです。最後に、鶏たちを鶏小屋に追い込み、今日の一日はおしまいです。ホッとして空を見上げると、旱星(ひでりぼし)がまたたいておりました。「鶏ををさめて」のことばに、なんともいえない作者の愛情が伝わります。    

       このままで死ぬのはいやじやごきかぶり