木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3112話

f:id:mokugyo-sin:20170701044831j:plain

 「今日のことば」
      (裁判)
    山ねこは、
    マッチをしゆつと擦つて、わざと顔をしかめて、
    青いけむりをふうと吐きました。
    (宮沢賢治「どんぐりと山猫」)10

 「ボクの細道]好きな俳句(860) 中村草田男さん。「老婆外寝奪はるべきもの何もなし」(草田男) むむ。それはそうです。しかし、さすがにここまで言い切ることはボクには出来ません(汗)。昔は、(同窓会で)大黒さんの帰りが夜中になると、あらぬ妄想がふくらんで来て、微妙な心境になることもありました。しかし、今は、草田男さんの奥さまとおなじく右にならえです。もうそれは「悟り」の境地です(汗)。 
       

        青嵐あれから子猫みかけない