木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3101話

f:id:mokugyo-sin:20170620042604j:plain

 「今日のことば」
    (壁にナイフの形が・・)
    「いや、わざわざご苦労です。
    大へん結構にできました。
    さあさあおなかにおはいりください。」
    (宮沢賢治「注文の多い料理店」)10

 「ボクの細道]好きな俳句(850) 深見けん二さん。「夕闇の既に牡丹の中にあり」(けん二) 「坐れば牡丹」のことばがあります。それほど艶やかに咲く花であります。その艶やかな牡丹が、暮れなずむ夕闇の中に消えようとしています。これを「牡丹が夕闇に消える」のではなく、「牡丹の中に夕闇を感じた」というのです。ここにポエム(詩)が生まれるのでしょう。

       あのころは空白のまま武者人形