木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3095話

f:id:mokugyo-sin:20170614034235j:plain

 「今日のことば」
    (黒い扉がありました)
   「どうか帽子と外套(がいとう)と
    靴をおとりください。」
   (宮沢賢治「注文の多い料理店」)4

 「ボクの細道]好きな俳句(846) 阿波野青さん。「ささみだれのあまだればかり浮御堂」(青畝) 滋賀県堅田の浮御堂(うきみどう)へは、ぼくも幾度か足を運んだことがあります。掲句のように、その時も、雨の中の浮御堂はひっそりと風情をかもしていました。そのとき「浮御堂ここにあつまる蜷の道」(木魚)の駄句を詠みました(汗)。蛇足ながら、堅田(かただ)は、昔、堅田水軍の拠点。信長の延暦寺攻めにまつわる話も多いようです。

        陋宅の守宮男となりにけり  

                 陋宅(ろうたく) 守宮(やもり)