木魚歳時記

画像・文章の転載はご遠慮下さい

木魚歳時記 第3077話

f:id:mokugyo-sin:20170527051953j:plain

 「今日のことば」
    小蜂
    いくらなんでも、
    それでは自慢の腰つきが
    台なしになる。
    (ルナール『博物誌』)   

 「ボクの細道]好きな俳句(833) 正木ゆう子さん。 「虹を呼ぶ念力ぐらい身につけし」(句集『羽羽』) 自然を愛する作者にしては、めずらしく、自己顕示色を感じる作品で驚きました。虹ほど、美しく、幻想的で、そして「虹」はやがて消えてゆくもの。ともかく虹ほど魅力に満ちた自然現象は少ない。ですから、作品に、微塵たりとも嫌味を感じることがないのは、そうした「虹」という現象のもつロマン性にあるのか? はたまた「念力」という言葉のもつ神秘性にあるのか?       
  

        青嵐どこから来たか迷い猫